カテゴリー: spices

back to the future?! … 自然へ還る旅

銀座のフレンチ「ESqUISSE (エスキス)」にて、
昨日は、とても興味深い会あり、
参加させて頂きました。
ESqUISSEのシェフ Lionel Beccat 氏は、
自然と会話する言語を持ち得る、
貴重な才能を持っている人です。

繊細で、冒険に満ちあふれた料理は、
いつも サプライズに満ちていて、
ありとあらゆる感覚を総動員しても、
まだ、遥か遠くに存在する感覚的なものがあります。
未来へ軽やかに誘いながら、
とてつもなく本能的。
今回は、そんなESqUISSEでの
『香りと味わいの饗宴』。
こう聞くと、華やかな感じですが、
字面では表現しえないのが歯がゆくも…
嗅覚と味覚は、
私たちそれぞれの原体験ともつながる、
非常に動物的な感覚。
解放的、かつ内に戻って、何かを探るような行為なのです。
内なる宇宙(自分が自然の一部であることのミステリー)への旅?
テーブルに着きながらも、かなりワイルドな気持ちに!
パルファン クリエーターの
Philippe di Meo氏が創りだした
Liquide Imaginarire”の6つの香りは、
いずれも、鼻腔から身体の奥底にすーっと入ってくるようで、
鼻につく、とか、これは合わないな、と思う香りが
不思議となかった。
すべて、自然に由来しているからか。

そして、そうした香りが、視覚化されていくお皿。

ほとんど「なんじゃこりゃー!」です…
あれが、こうなる?!という感じ。

下のは、富士山からその朝届いたという
小さくて可愛い緑の中に、
まるで石ころのような姿をしたモノ。
食べた時の食感が、
わーーッ!土そのもの!
(一度や二度、経験があるのでは…笑)
味は美味しいんですよ。
そして、これは、もはや、いたずらか(笑)!
木の幹の上にあるのは、
ナメクジ…ではありません。
でも、食感は….たぶん…なんとなく。
ちょっとだけ、へんな気持ちになった…。
という、遊び心も。

いずれも、自然そのものの美が。

樹の根の匂い
小動物のフェロモン
樹液の味
光を浴びていない木や土の香り
血がしたたるかのような果実
木の先端の誘惑の行為。
自然は、想像以上に繊細で、
奥深く、
自然に癒さるのは、
ずっとずっと、
知り得ないものの存在のおかげなのでしょうねぇ。
もっともっと、
敏感に気づけるようになりたいと
心から思いました。
自然から発せられている情報は、
実は、一番の流行なのではないかな。
次回は、海をテーマにしたいとメオ氏。
コラボレーション、今からとても楽しみです。
今回は、 近しい人へのお披露目を兼ねた会だったのですが、
エスキスは、普段使いのお店ではないものの、
感覚を刺激してくれるお料理なので、機会があれば、ぜひと思います。

もっと、こういう体験が、まわりにできるといいなぁ。
私も、見つけたら、そういうこと、
発信します。

カキモリ

文房具を特集したAtelier Nova 。
という、東京都台東区蔵前にあるお店を
ご紹介させて頂きました。
お店に入ると、目移りしてしまうような、素敵なお店でした。
写真、私の立つ横の棚は、表紙・裏表紙、中紙、リングの色、留め具を
選んでカスタマイズできる、カキモリの特製ノート。

豊富な品揃えから、
私は、こんなノートを作りました。
中は、普通紙と画用紙。
10分もかからず、作ってくださいます。

書く前から、異様な愛着が湧く、
というのは、
とても素敵な証拠な気がします。

そして、入り口は別なのですが、
隣に
ink stand。
自分の好みのインクの色が作れるのです。
今回は時間に制約あり、
すでにある色の中から”peacock blue” を購入。
十分に気に入っていますが、
自分の色を作りに行くのも楽しいだろうなぁ、
と思っています。

店主の広瀬さんです。
爽やかで知的で、
さらに、こんな素敵なお店を始められ、
貫いていらっしゃるところから察するに、
相当、バイタリティーもおありの方だと想像します。
取材は午前中だったにも関わらず、
本当にBARにでもいるような、いい気分でした(笑)。
ワインもいいけど、インクもね。
私は、海外に旅をした際も、
文具全般というというよりは、
紙、革、インク、
に特化した文具好きかもしれませんが..
その土地の紙屋さんや、文具屋さんに足を運ぶのも好きです。
たとえば N.Y。
(包装紙や紙系に充実)
      Graphic Image 
(手帳を、ずっと使っています。
        毎年、革の色に悩みながら。直接オーダーできますよ。)
京都、ミラノも、韓国でも。
紙質は、土地の文化。
最近は、PCを使うことも多く、
人に字を書いて送ることが少なくなってきているかもしれませんが、
だからこそ、special, 
カキモリでも、そういう話になりました。
そもそも、紙とインク(鉛筆やペンでも)があるのが当たり前なんて、
世界的にも、時代的にも、special で、
贅沢なことなのかもしれないですね。
個人的には、
一目惚れはしませんが、字惚れはします。
そういう人を忘れません。
贈り物にも万年筆あり、
プレゼントで頂く場合も大切にしています。
味がある字を書く人、
やっぱり素敵です。
私も、そういう字を書ける人になりたい、
とずっと思っています。
疲れたり、気分がlow な時に書く日記の字は、
最低です。
話は飛びますが、
今日は、鳥獣戯画の展覧会@上野、国立博物館に行ってきたのですが、
明恵上人という京都・高山寺の中心人物の字は、見応えありました。
自分が見た夢を長年書き起こした「夢記」(ゆめのき)など。
昔は、字心と絵心は共通だったのかもしれません。
(字と墨絵が交互に現れる絵巻を見ていると)
きれいな風景を見たいのと同様、
きれいな字を見るのは 印象的で、気持ちいいです。

exhibition

 南青山にある”CIBONE”で開催中の『Metamorphosis by modern alchemists- 現代の錬金術師たちが見せる世界の変容』を観てきました。(開催前に、番組Atelier Nova で気になる展示としてご紹介させて頂いた)

Formafantasma(フォルマファンタズマ)とStudio Drift(スタジオ・ドリフト)、
いずれも、オランダ・アムステルダムを拠点に活動するデザインユニットの作品で、素材は、溶岩や小麦粉、魚や動物の皮、膀胱、植物などなど。

そもそもの 生き物の輪郭をとどめない状態に変化したモノたちは、安心と興奮の両方が感じられました。

太古や人間の智慧を忘れずに、
未来への可能性を見せてくれるような作品。

作り手の顔が見える、というのはもう当然ですもんね。
さらに、作り手の意識・考えに共感したものを、自分の手にとる、ということが
もっと当然になるといいなぁ、と思いました。
もっとも、今回の展示作品たちは、フォルムは かなりの個性派ぞろいですが!
 *11月3日までなので、気になる方は、お早めに〜。

こちらは、動物の膀胱で作られた vase。
(古来、先人は膀胱を水溜に使っていたそうで、理にかなった作品だとか) 

   
              タンポポの本物の綿毛を電球に貼付けた可愛らしいライト “Dandelight”。            (これは、実物、驚きました)

「水の音 ー広重から千住博まで」


広尾の山種美術館へ
「水の音 ー 広重から千住博まで」に涼を求めて、先日行ってきました。

豪快で繊細。
自然の印象そのもののようでした

水の風景ばかりを集めた日本画の数々、
とても気持ちよかったですよ。

個人的には、横山大観の「夏の海」や、
小野竹喬の作品もあり、嬉しかったです。
奥村土牛も柔らかくて、見とれました。

日本画は、筆遣いや色の濃淡の使い分けなどからしても、間近で見てこそ、感動があるんだなぁ、とあらためて。本物は全然、違う。

千住博さんの作品は、waterfall のみならず、
31歳の頃に制作されたという碧がとても美しい「光」という屏風など、
これまで拝見したことのない作品にも ハッとさせられました。
きれいだわぁ。

「水の音ー広重から千住博まで」 山種美術館にて9月15日まで。

前述の通り…サイトでは、魅力が伝わりにくいと思いつつ…
この時期らしいハガキを何枚か購入。

(左上=小野竹喬「沖の灯」、右上=奥村土牛「水蓮」、 下=奥田元宗「山澗雨趣」)

春の御茶会

昼間に J-WAVE  Atelier Nova × SHUHALLY 企画「春のお茶会」日。
空模様と桜を気にしながら、とても楽しみにしていたのですが、
雨は少し降りながらも、御茶会、大成功。
これも、一重に、SHUHALLY 庵主、松村宗亮氏のおかげです。
ありがとうございました!

前に番組ゲストにお越しいただいた際に
「御茶会なんて、素敵、番組でも やりたいなぁ。」という勝手な戯言を
即座に聞き入れてくださって実現、
ご招待リスナーの皆様と、楽しませて頂きました。

いやぁ、笑った笑った。笑いが起こる御茶会って?!
また、今週土曜日の番組内でご報告させてくださいー、よろしく♪

写真は、御茶会スタート前、やる気満々 の 松村宗亮氏 とわたし。
(宗亮さんのお召し物、注目!)

本物の亭主。
さすがの所作。さりげない動き、見ていて気持ちよいほどに 美しかったです。
 そして、こちらが、なんちゃって亭主。
    所作はいっぱいいっぱいでござる…。
今回、調子に乗って名ばかりの亭主を楽しませて頂きましたが、

その昔、裏千家にいたアメリカ人の父と、着物を借りた母に、
     御茶会で亭主をやらせて頂くことを話の流れでしたところ、
 とんでもない発言をした娘に目を丸くし固まる親、というのを久々に見ました(笑)。
     
          

お茶の世界、ほんの少し、触れさせて頂き、勉強になりました。
そして、器、着物、空間、お菓子… 色々な角度から楽しめることに、
あらためて惹かれました。
新しいことに触れるって、
やっぱり、なんとなく、いい春だ。

zaz live.

 

 昨日は、赤坂BLITZでのzaz(ザーズ)のライブに行って来ました。(zaz: 1981年生まれのフランスのアーティスト)CDを聴いて、ものすごく気に入っていたので、これは行かねば…と、かなり前から計画していたのですが、行けてよかった。すばらしいライブ。すばらしいエネルギー!!触れられてラッキーだった。CDでの歌も好きでしたが、空気を通して伝わるバイブレーションが一段と活きる人でした。ハスキーヴォイス..なおかつ、ライブを観て思ったのは、体中から声が出ているような、厚み?声の層?があって、その魅力の深さにびっくりするところです。ステージにはバンド(メンズ5名)と自分、身振り手振り、ダンスや動きのパフォーマンスで表現、あとは実にシンプルなステージでしたが、音楽にはたしかなものがあり、バリエーションも多く(シャンソンもの〜ロック系まで!)なんといってもzazの可愛くチャーミングで、ポジティブ全開な人柄が、会場をすっぽり包み込んでいました。彼女のポジ具合、ブラボーです。..ひとつ…フリートークでなんと言っていたのか、フランス語、わかりたーい!!