カテゴリー: people

薫堂さんと わたし

 

今日は、薫堂さんが番組に来てくれました。
約20年来の相方 という存在ではありますが、
もちろん、とてもとても遠い人に思えることもあるのに、
会うと、いつもずっと一緒にいたんじゃないかとも思える、不思議な存在です。
そう思わせてくれる、やさしい人です。

 

私の事を、今日の番組で「自由で子供のまんま大きくなった人」というようなことをおっしゃっていましたが、(もちろん、そのまま薫堂さんにも同じ言葉を お返ししましたけどね、笑)

 

仕事を始めた当初、なかなかラジオで喋ることの楽しみを見出せないでいた私に、
自由に、素直に、このままの自分でもいいのかな、と、教えてくれたのは、
他でもない、薫堂さんでした。
もちろん、わざわざ、そういう話をしてきたわけではないですが、
さりげなく、そう感じさせてくれる、大きな人です。
(でも、今日、私のことを自由だ子供みたいだ、と言っていたから、予想以上に、そっちに伸びたんだろうか..?!笑)
とにかく、
それもこれも、私のすべてを、いい風に、昔から なんでも受けとめてくれていたからなんですが、
それを真に受けた私は、自分の思うことをどうしたら、いいカタチにできるのか、
そのあたりを起点に、自分なりやり方を模索しながら、これまでやってこれていると思っています。

 

 

薫堂さんのものを考えて行動するスピードも、私にはとても心地よく、
突拍子もなく思えることも、必ず、ついていけば、いつも間違いはなかったし(美味しいもの以外も、)
人を大切にするスマートなコミュニケーション、それでいて、ちゃんと見ている目は、
今も、変わっていないなぁ、と思います。

 

当時の番組のスタッフは、特番の時の集合しますが、
いつも同窓会のような、年に一度の親戚の集まりのような感じです。

 

やっていることは、日々、皆、変わっていても、
空気感が変わらない、というのは、とても大切なことだと思います。

 

やることが、さほど変わっていなくて、空気感が少しずつ気づかないうちに変わっていくことだって、
起こり得るわけですから。

 

とにかく、ラジオで喋ることに今の私は全力で相変わらず向き合っていますが、
考え悩むことも、とても楽しめています。
体力気力忍耐力精神力、強いては人間力を、毎日試されるような現場ですが、
自分に自分が約束したことなので、まだ、ちゃんと自分に厳しく求めたいことがたくさんあります。

 

というわけで、、
「ラジオで喋ること」を、その昔、やめないでいたのは、薫堂さんあって、なのでした。

 

その薫堂さんと私 を引き合わせてくれた、今は亡き、堀井さんという人も恩人です。
「薫堂さんには、絶対 クリスさんが合うと思って、僕がお名前を言ったんですよー」と、
いつもニコニコしながら、私に嬉しそうに話してくれた堀井さん。私たちの番組ディレクターでした。
でも、今日もスタジオには、ちゃんと居てくれました。
それも、あえて会話ではしなかったけれど、互いに感じていたように思います。

 

明日も、また何が起こるかわかりませんが、巡る時間であるように、
いい時間へと、昇華できますように。

 

その時はその時しかないですもんね。
本当の本当に。

 

では明日!

先日、ニューヨーク・ブルックリンに現在住まう上野朝子さん、帰国中のチャンス、ランチを鎌倉にて。陶芸家の額賀章夫さんのご紹介で、以前、番組にもゲストとしてご登場いただきましたが、ゆっくり一度お会いしたいと思っていたのです。(と言いつつ、あれから、何年経ったんだ…!)ただ、また会える、と漠然と思う人には、必ず、会えると思っています。

上野さんは、茅ヶ崎を拠点にしてたサザンアクセンツ(雑貨、インテリア、ファションショップ)をはじめ、現在は、海外の方にむけて日本の上質なものを紹介するショップ「杏Anzu New York」を手がけ、そのセンスは大人気。さり気なくも、整えるセンスは抜群で、上野さんご自身も、静かなチャーミングさがあり、タイミングをとても敏感に捉えながら話される方なので、図々しく、心を開きたくなります。いろいろ、相談したいこと聞き、すっきり。ありがとうございましたー。そもそも、男女問わず、「自分の”時間の感覚”を芯に持って生きている人」に、魅力を感じます。あぁ、ニューヨークにも、久々に出かけたくなりました。私は、結局は、NYには、住まないだろうなぁ(笑)。20代は、ちょっと思っていたけど。

 まぁ、なんと言えばよいのやら。
これまでも、想像を超える充実した日々だと思っていますが、その延長線に、確かに生きながら、さらに、これからの人生の充実も想像し(妄想上ね、笑..でも)充実の予感。いろいろ考えている時が一番かも?

テラス席、気持ち良い秋の日に。

保存

秋の興味

日曜日には、渋谷のBunkamura にて トークショー2本立て。
このイベントは、トークも自由に、制約ほぼなく、
そういった意味でも、昨年に続き、
ライブ感をとても楽しみにしていたイベントでした。
午前中は俳優・溝端順平さん。
10月7日〜の舞台@シアターコクーン、
アーサー・ミラー原作の「るつぼ」ご出演。
17世紀、まだヨーロッパの植民地時代、建国前のアメリカで起こった
セイラム魔女事件が題材で、複雑な人間関係や、集団心理、
乙女の歪んだ恋心も基軸にある「るつぼ」。
とても面白そうなので、観に行きたいと思う。
10/7 〜10/30まで。
(堤真一さん、松雪泰子さん、黒木華さんなどご出演です)
午後は、お久しぶりで、草刈民代さん。
相変わらず、お美しい佇まい!
「体はじぶんで作れる」
当たり前のことながら、ご経験や佇まいを持ってして説得力あり。
トップバレリーナの頃から、
生活上、癖のようにもなっているのだと思いますが、
オフの日でも、体を動かしたり、整えることをしてしまうそう。
(ですよねー….)
「自分を、ポジティブのスパイラルに入れてしまう」
身体をいい状態で保つことは、何をするにも基本と、
お話しながら再確認。
「草刈バレエメソッド」は、
部屋でできる、バレエ的運動。

        小さい頃、バレエをやっていたことを懐かしく思いながら、
                やってみました。
       音楽にあわせて身体をしなやかに動かすことは、気持ちがいいなぁ。
(ちなみに、このメソッドでは、第3部で「瀕死の白鳥」になれます、笑)

日頃(寝る前にはとくに)ストレッチを自主的にやっているのですが、
新しいバージョン増やそ。
背面強化、頑張りまーす。

  

KAMAKA UKULELE

このあいだの週末、黒澤楽器店とカマカ・ウクレレ主催で「KAMAKA UKULELE  100周年記念コンサート」が恵比寿ガーデンホールでありました。お客さんも一体になって祝う100周年!なんとも感慨深いイベントに、MC参加させていただきました。音楽と人の、根底のあたたかさに触れた3時間。

イベントには、ハワイからカマカファミリーをはじめ、ミュージシャンの方々も来日。
ハワイの伝統的な名曲を聴かせるSIDE ORDER BAND から、パフォーマンスでもオリジナリティに目を見張る今、注目の若手の方々まで、カマカ・ウクレレ100周年を祝うべく、ハワイから集まったミュージシャンのライブを、堪能できました。(ホント、すごい!!)

そして、日本でも、ウクレレといえば?!(と言わずとも、愛するサザンのベース)関口和之さんは、実は、シークレットで、ゲストMCとして、ご登場。もちろん、ウクレレも♫ ちなみに、この日(6/25)は、サザンオールスターズ「勝手にシンドバッド」でデビュ−38周年!スタッフからのさりげないお祝いの花束に、「わ、そんな大切な日に!!」と、ちょっと慌てましたが… おめでとうございます!& ずっとサザン、ありがとうございます!この先もお願いします!

関口さんは、穏やかで安心感あって、ほのぼのとした空気感、ウクレレと似ているなぁと思っていました。奥深いところも。楽屋で、私の素朴な疑問から他愛ない話にまで、色々と話してくださって、へぇー!ということ多々。サザンのツアーで、2週間ぐらい次のライブまで空く時には、指の皮が柔らかくならないように、お風呂に入る時の注意点など(笑)、バックステージも楽しませていただきました。ご一緒でき、嬉しかったです。

そして、バックステージといえば…. この、右に写る、後ろ姿はどなたかわかりますか?

JAKE SHIMABUKURO!
今回、トリを務めたジェイクですが、最初のバンドのステージの時から、舞台袖で大きな歓声や拍手、そして、そっと自分のウクレレを奏で、自主コラボ。当たり前に、寄り添う感じが、彼の人柄と音楽なんだなぁと、背中を見ていて、改めて思ったりしていました。当然、本人のパフォーマンスは素晴らしかったです。(10月、ジャパンツアーあります!)
私と、Jakeを挟んでいる右の方が、クリス・カマカ氏。カマカ・ウクレレの3代目です。
Jake も言っていましたが、楽器にとどまらず、情熱や愛情の素晴らしさ、
またいつまでも、謙虚に、真摯に、最高のウクレレ作りに従事することが
カマカファミリーの100年の秘訣では。
こうやって、舞台袖で、カマカさん
「小さい頃から知っている子たちが、素晴らしく成長して、感動的だ」と。
背中からも伝わりますよね?
親のような、優しく愛おしい視線に、それこそグッときました(T.T)。
本物のHula も、ただただ美しい。。

私も、ハワイ・オアフ島生まれで、小さい頃、二度にわたって過ごした大切な場所なので、ハワイの人に会うと、どこか懐かしくて、たまらない気持ちになります。

このイベント以来、ハワイのアルバムを聴いていますが、梅雨は、軽く部屋で吹き飛びますね。お試しあれ♫

CREADIO に ゴルチエ氏!

 J-WAVE “SEIBU SOGO CREADIO“に、
ファッション界の巨匠!ジャン・ポール・ゴルチエさんがいらっしゃいました。
(オオキさん、ゴルチエさん、わたし)
38年間、続けてこられたプレタポルテを昨年やめられ、
さらに精力的に活動されている様子の中、
なんと、日本でも、今回、
セブン&アイ・ホールディングスが展開する新しいブランド
(この秋冬と、2016年春夏の2シーズン)
デザインされるのです。
番組の相方 nendo 佐藤オオキさんが、
その店舗のデザインを手がけられていることもあり、
今回、番組にいらしてくださいました。
会話のひとつをとっても、チャーミングな巨匠でした。
いや、巨匠と言われる人は、
やっぱり、いつだってチャーミングなのです。
それにしても、nendo佐藤オオキさん × ゴルチエさんが
ひとつのスタジオに居合わせるなんて…
贅沢な時間でございました。
そして、今期のデザインのモチーフは、
なんとメジャー!

メジャー好きな私もびっくりな、大胆なメジャー使い!

若い頃から、ずっと手にしていらした、メジャーやまち針を
ここに来て、デザインにあしらうなんて、
なんか素敵だなぁ、と思いました。
素敵な人は、
きらきらとした、
初心のかたまり!

濱田マリさん来た!

土曜日@J-WAVE “Atelier Nova ” に、濱田マリさん来て頂きました!
ワイワイ、コロコロ、
頭の回転速く、人を必ずフォローする気の細やかさ、

でも、それに気づいて相手に気を遣わせないように、自分をコミカルに演出したりして。
会うたび、元気をもらっている素敵な人です。

以前より仲良くさせて頂いていまして、
10年以上前から、時折、女子会を…
といっても、

「最近、どう?鍛えてる?」
みたいなところから始まる、

(我々自称)男前トーク展開の女子会。
そこも気が合うわけです。
仕事の話で言うと、
実に様々な役柄を演じるマリさん。
テレビや映画、舞台に出ていると、「わ、観たい」と思わせる方じゃないでしょうか。
どんなことを言っても演じても、
あたたかい人柄に包まれて、嫌みなくスコーン!と届いてくる気持ちよさ。
役柄同様、マリさん自身がそうなのです。
また、久々に、男前女子会、やりましょね。
互いに、日々、心身鍛えながら。
ありがとー。