All posts by christomoko

黄金の茶会

睡眠時間が、ほぼないに等しい状態で、朝、家を出発した私は、景色を味わうよりも、フラッシュスリープの新幹線。それだけに、越後湯沢に到着し、初めての新潟、初めて見る黄金に輝く稲穂の光景に、心身ともに、新鮮な目覚めだった。これが、噂に聴いていた、越後湯沢かぁ。まさにこの時期だと、ここまで頭を垂れるのかと思っていたら、先日の台風で、かなり倒れてしまったらしい。でも、強い稲は、水に浸りすぎたりしない限り、問題ないそうだ。そう聞いては、また風景に目をやる。コメ力を何度も確認。強風でもないのに、写真には、風の跡が見える。

今回は、何かとお世話になっている、茶人(SHUHALLY主宰)松村宗亮さん開催の「黄金の茶会」に参加させて頂いた。

薄茶と濃茶、場所も違えて、滞在中に2度の茶会。と言っても、形式ばったものではなく、この大自然の中での野点、気分も解放的な中、とことん、お茶の遊びを楽しむ時間。本来、お茶を味わう時間とは、こういうことなのだろう。最近は、全く、教室にも通えていない私ですが(汗)、茶室などでは、想像力不足ゆえから、こんな自然を思い描けていなかった!

ここまでリアルに稲穂の中での「黄金の茶会」は、かなり印象的。(タイトルの意味は、ここに案内されるまでサプライズでした)大事な掛け軸が風で飛んだりもしながら、別世界の体験に感謝。

今回は、芸術家・陶芸家の金理有(きむりゆ)さんの作品、これまでもインパクトあり、一度見たら忘れない作風なのですが、今回は、茶会をはじめ、宿の自然の中に飾られながら、自然との融合具合に驚いた。作品の存在の理由がわかったような…「縄文の頃のものを、現代風にアレンジしている」金理有 作品。(金さんと写真撮り忘れました、)

 

御茶菓子は、坂本紫穂さん。優しく、季節の色気あり。素敵でした。

(下のは、秋分の日、昼と夜を表現されています)

最後に、宿泊やイベントを愉しませていただいた「里山十帖」。素晴らしい環境と、それに勝るような ホスピタリティ、センスと、料理と露天風呂と。細かく書き出すとキリがないですが.. 必ず、また泊まりたい宿が新潟にできて嬉しい。1泊で、かなり弛緩できた。新潟、近くて感激。雪の頃にも、来てみたい。

 

 

 

薫堂さんと わたし

 

今日は、薫堂さんが番組に来てくれました。
約20年来の相方 という存在ではありますが、
もちろん、とてもとても遠い人に思えることもあるのに、
会うと、いつもずっと一緒にいたんじゃないかとも思える、不思議な存在です。
そう思わせてくれる、やさしい人です。

 

私の事を、今日の番組で「自由で子供のまんま大きくなった人」というようなことをおっしゃっていましたが、(もちろん、そのまま薫堂さんにも同じ言葉を お返ししましたけどね、笑)

 

仕事を始めた当初、なかなかラジオで喋ることの楽しみを見出せないでいた私に、
自由に、素直に、このままの自分でもいいのかな、と、教えてくれたのは、
他でもない、薫堂さんでした。
もちろん、わざわざ、そういう話をしてきたわけではないですが、
さりげなく、そう感じさせてくれる、大きな人です。
(でも、今日、私のことを自由だ子供みたいだ、と言っていたから、予想以上に、そっちに伸びたんだろうか..?!笑)
とにかく、
それもこれも、私のすべてを、いい風に、昔から なんでも受けとめてくれていたからなんですが、
それを真に受けた私は、自分の思うことをどうしたら、いいカタチにできるのか、
そのあたりを起点に、自分なりやり方を模索しながら、これまでやってこれていると思っています。

 

 

薫堂さんのものを考えて行動するスピードも、私にはとても心地よく、
突拍子もなく思えることも、必ず、ついていけば、いつも間違いはなかったし(美味しいもの以外も、)
人を大切にするスマートなコミュニケーション、それでいて、ちゃんと見ている目は、
今も、変わっていないなぁ、と思います。

 

当時の番組のスタッフは、特番の時の集合しますが、
いつも同窓会のような、年に一度の親戚の集まりのような感じです。

 

やっていることは、日々、皆、変わっていても、
空気感が変わらない、というのは、とても大切なことだと思います。

 

やることが、さほど変わっていなくて、空気感が少しずつ気づかないうちに変わっていくことだって、
起こり得るわけですから。

 

とにかく、ラジオで喋ることに今の私は全力で相変わらず向き合っていますが、
考え悩むことも、とても楽しめています。
体力気力忍耐力精神力、強いては人間力を、毎日試されるような現場ですが、
自分に自分が約束したことなので、まだ、ちゃんと自分に厳しく求めたいことがたくさんあります。

 

というわけで、、
「ラジオで喋ること」を、その昔、やめないでいたのは、薫堂さんあって、なのでした。

 

その薫堂さんと私 を引き合わせてくれた、今は亡き、堀井さんという人も恩人です。
「薫堂さんには、絶対 クリスさんが合うと思って、僕がお名前を言ったんですよー」と、
いつもニコニコしながら、私に嬉しそうに話してくれた堀井さん。私たちの番組ディレクターでした。
でも、今日もスタジオには、ちゃんと居てくれました。
それも、あえて会話ではしなかったけれど、互いに感じていたように思います。

 

明日も、また何が起こるかわかりませんが、巡る時間であるように、
いい時間へと、昇華できますように。

 

その時はその時しかないですもんね。
本当の本当に。

 

では明日!

はじまりの一週間

四月になり、青空の下、桜がどんどん開く中、
新番組 J-WAVE “GOOD NEIGHBORS” 開花宣言 ! 今週から始まりました。
そんなわけで、今日の雨は、それなりに、落ち着く感あり。

 

ここ数年は、週末の番組を担当していたので、平日の帯番組は5年半ぶり。
生放送中のことはもちろん、一日の時間の使い方の変化、子供や家のこと、体調など、色々どうなることかなと思うことはありましたが、家族や友人知人にも支えてもらいながらスタートし、始まってしまえば、楽しくやっています。

 

「困った時のために」と作り置きしておいた、最終兵器的なハヤシライスやハンバーグを、さっそく使ってしまいましたけどね ^,^;。 仕方ない、最初の週だ!

 

秦基博さん、鏡リュウジさん、スチャダBOSEさん、糸井重里さん、柄本時生さん、N.Yからはラウル・ミドンさん、以前より知る方々に ご出演頂き、おかげさまでワイワイ始まりました。J-WAVE ナビゲーターでは、デビュー当時からご一緒&番組お隣同士になったピストン西沢さん、秀島史香さんも。雑談から真剣な話まで。人にお会いするのは、体力気力が要ります。でも、私は、それが一番大切な気がし、それがやはり大好きです。

 

スタッフと一丸となり、しばらくここへ向けて、じっくり話し合いを重ねに重ねて、スタート。いい午後の時間がつくれるように、そばにいると互いが安心する中、新しいことを楽しめるように。
来週からも、よろしくお願いします。

 

来週もゲストを日々!
月曜日:アーティストの舘鼻則孝さん、中田英寿さん。
火曜日:俳優の江口洋介さん
水曜日:ミラノ帰りの佐藤オオキさん。俳優の片桐仁さん
木曜日:シェフ・パティシエの成田一世さん、日傘作家のひがしちかさん
テイ・トウワさんには一週間に渡ってご登場!

 

新番組のお知らせ

この春、4月より、J-WAVE で新番組が始まります。5年半ぶりに、平日の帯番組に復帰いたします。

” GOOD  NEIGHBORS  ”
(月〜木)13:00〜16:30

Good Neighbors  という番組タイトル、良き隣人、楽しいご近所さん。簡単に言うと、「人」を中心に据えて、活き活きした、番組を作っていきたいと思っています。ただ今、絶賛、支度中です。

また、あらためて。

春より、またまた、よろしくお願いいたします!!

クリス智子

保存

保存

Thank you from CREADIO.

 

3年間、毎週日曜夜に、nendo のデザイナー佐藤オオキさんと共に お届けしてきた”CREADIO” 最終回でした。「デザインを音で楽しむ」をキャッチに、その難しさを感じることもありましたが、それ以上に、新しいことに向き合う喜びを享受しながら、やってこられました。私自身、デザインやインテリアは大好きな分野なので、その最先端に触れることができ、幸せでした。感謝です。
 文字通り、世界から求められるデザイナー・佐藤オオキさんの偉大さは、日本はもとより、ミラノやパリにご一緒した時に、如実に感じるところがありましたが、普段から、自然で親しみやすい人柄は、ずっとそのままに、またスタジオでの、異常なまでに細部にわたる気の届き方は、フィールドを変えても、手を抜かない様子、尊敬でした。
 パリのメゾン・エ・オブジェ や ミラノサローネ行きは、小さい子供と数日初めて離れるという、私としては、かなりの裏チャレンジもありました。最初のパリ出張の際に、当時 3歳の息子にお土産に買ってきたクマのぬいぐるみに、息子は「パリさん」という名前をつけました。パ、パリさん?!と思ったものですが、今も、子供が「パリさん」と普通に呼ぶたびに、可笑さと、懐かしさと、行った先での仕事のことなど、いっぱいいっぱいだったことも含め、思い出されます。
 スタジオには、クリエイターの方をゲストにお迎えしたり、nendoの最新事情をダイレクトにオオキさんから聞けたり、オオキさんが出張中にジャケ買いしてきたCDを聴く時間だったり。どーでもいいような雑談含め、独特の時間を作りたいと思ってやってきました。

終わるのは、とても寂しい番組なのですが、最終回は最終回なのですが、不思議と、終わっちゃったなぁーというよりは、 ”小休止”のような気持ちです。解散じゃなくて、休止宣言?! CREADIO でしか生みえなかった空気を、必ずまたラジオの前に作りたいと思います。オオキさん、伊藤さん、SEIBU SOGO の皆さん、スタッフの皆さん、ありがとうございました!
そして、何より、リスナーの皆さん、ありがとうございました。
この春からは、二人とも、それぞれ別の番組をスタートさせることになりました。オオキさんファンもご安心ください。だから、きっとすぐまた。

これからも、よろしくお願いいたします ◯

保存

保存

保存

TARO 祝

岡本太郎さんのパートナーだった岡本敏子さん。
太郎さんを失った後、岡本太郎を次世代に伝えるのが仕事、とばかりにご尽力され、
始まった岡本太郎記念現代芸術振興財団の20周年をお祝いしに、多くが集まりました。
311に見る岡本太郎さんの作品は、いつも以上に 生きるエネルギーが凝縮された色でした。

 

イタリアの赤は素敵だと言われるように、
実際に見ると、赤っていいなぁ、と思うことがあるのですが、
太郎さんの赤にも、同じようなことを感じます。

岡本太郎溺愛バンド、
オカモトズのメンバーの皆さんも。
ハマオカモトさんと。
(J-WAVE  のナビゲーター、ともにやってまーす。)

太郎さん、敏子さんの大きな写真が壁に飾られ、所どころに作品置かれ、
 あたたかい空気のレセプションでした。

 

そして、後頭部を刈り、敏子さんの顔を、合わせ鏡で自分でかかれた作品、
インパクトありすぎて写真を。。
左は、バッグが素敵で好みで…お声をかけてみたら、
岡本太郎記念館のcafe ” A Piece Of Cake”の大川雅子さんでした!
オォ!あのcafeの!
そして、右は、高校の同級生、今は、新宿高島屋で美術系の仕事に携わる金井くんです。偶然会い、びっくり。
さて、今日から岡本太郎記念館にて
TARO 賞「20人の鬼子たち」がスタート。
次の20のTARO  遺伝子揃ってます。
(-6/18まで)

保存

保存