館鼻さんのワークショップ@葉山

 今日は、神奈川県立近代美術館・葉山 であった、現代美術家・舘鼻則孝さんによるワークショップ「葉山の自然をうつしとる」に、子供と行ってきました。朝の雨で、どうなることかと思いましたが。
舘鼻さん、ありがとうございました!ラフな雰囲気、enjoyできました。
 「イサム・ノグチ《こけし》、葉山へようこそ! 彫刻プロジェクトin葉山2016」の企画だそうで、閉館になった鎌倉館から、彫刻がたくさん葉山館にやって来たことのお披露目イベント。彫刻は、葉山の自然の中だけに、さりげない配置と雰囲気で、またぐんと良かったです。イサム・ノグチの「こけし」も、どことなく、のびのび。
 彫刻のある庭を巡りながら、葉っぱや木の枝などを拾う散歩をした後に、革に型押し、色をつけて、オブジェ(オーナメント)完成〜 サクッと楽しい workshop。 スタッフの皆さんもいい方ばかりで、エッジの効いたことしつつ、あったかいこの雰囲気!とても素敵なチームだとお察し。

 

舘鼻さんとは、何度か、番組や別イベントなどで、ご一緒させて頂いていて、勝手に親近感を抱いているのですが、さらに、”え、葉山に出没っ?!” というわけで(車で20分ぐらいのところなのです)今日は休みだったこともあり、楽しみに行ってきたのです。
たーだ、、実は、久々に我が子が、朝からダルそうで、調子もイマイチだったので、「ムリしなくていいんだよ、家にいようか?」と言ったら、「元気になったから、行きたい!」と言うので(私もそういう子だった)向かったものの、ワークショップ中も目がうつろ…^,^; 終わったとたん、眠い…と言い横になり、明らかに熱がある感じで、帰宅ー。
帰宅後は、パジャマに着替え、作ったオーナメントをベッドの枕元に置き、よく寝ています。
というわけで、美術家の展覧会「陽光礼賛 谷川晃一・宮迫千鶴展」は、また近々、再訪!

 

保存