フラッシュバック、ピアスの夏

ちょっと他の写真を探していたところ、こんな写真が出てきました!

おそろしく時代を感じる一枚!!
これは、1988年あたりかと…
高校2年の夏休みに、アメリカの親戚に会いに、家族で行った際、
モールの中のショップで念願のピアスを開けてもらった時の写真です。
なんで、あんなにピアスを開けたかったんだろうか….(笑).
ハワイに住んでいた6歳の頃、友達の影響もあったのでしょうけれど、
ピアスを開けたい、と思い始め、親に相談したら、
「あと少ししたらね」と言われ、
「あと少し」は、いったいいつだろう、と思ったまま
アメリカから帰国!!
イコール、憧れのピアスは延期のまま、
約10年超しの、念願のピアスだったのであります。
当時、私が通っていた高校は、校風が自由な県立高校。
ちゃんと結果を出していれば、何も言われなかった記憶。
(言われてたのかな..?)
最初に入れた石は、小さな誕生石のエメラルドだった。
ともかく、
ピアスの穴を開けたこの夏は、
心の風通しも良くなった夏で、
少し視界も広がって、気持ちも楽になって、
でも自分を見ようと一生懸命で、
人生を大きく左右したような夏だったように思う。
あぁ、今の同じ歳ぐらいの人たちは、もっと大人に思えるなぁ。
自分より、上の世代のこともそう思うけど。
そうそう、
私が、久々にこの写真を見て目が離せなかったのは、
私ではなく、私の横のお姉さんです。
あの時は当然思わなかったけど、どっぷり80sですね(笑)。
「フラッシュダンス」そのものではないかっ!
どうしてるいるんだろうなぁ〜
こんな個人的なクライマックスを共にした、この人は!