back to the future?! … 自然へ還る旅

銀座のフレンチ「ESqUISSE (エスキス)」にて、
昨日は、とても興味深い会あり、
参加させて頂きました。
ESqUISSEのシェフ Lionel Beccat 氏は、
自然と会話する言語を持ち得る、
貴重な才能を持っている人です。

繊細で、冒険に満ちあふれた料理は、
いつも サプライズに満ちていて、
ありとあらゆる感覚を総動員しても、
まだ、遥か遠くに存在する感覚的なものがあります。
未来へ軽やかに誘いながら、
とてつもなく本能的。
今回は、そんなESqUISSEでの
『香りと味わいの饗宴』。
こう聞くと、華やかな感じですが、
字面では表現しえないのが歯がゆくも…
嗅覚と味覚は、
私たちそれぞれの原体験ともつながる、
非常に動物的な感覚。
解放的、かつ内に戻って、何かを探るような行為なのです。
内なる宇宙(自分が自然の一部であることのミステリー)への旅?
テーブルに着きながらも、かなりワイルドな気持ちに!
パルファン クリエーターの
Philippe di Meo氏が創りだした
Liquide Imaginarire”の6つの香りは、
いずれも、鼻腔から身体の奥底にすーっと入ってくるようで、
鼻につく、とか、これは合わないな、と思う香りが
不思議となかった。
すべて、自然に由来しているからか。

そして、そうした香りが、視覚化されていくお皿。

ほとんど「なんじゃこりゃー!」です…
あれが、こうなる?!という感じ。

下のは、富士山からその朝届いたという
小さくて可愛い緑の中に、
まるで石ころのような姿をしたモノ。
食べた時の食感が、
わーーッ!土そのもの!
(一度や二度、経験があるのでは…笑)
味は美味しいんですよ。
そして、これは、もはや、いたずらか(笑)!
木の幹の上にあるのは、
ナメクジ…ではありません。
でも、食感は….たぶん…なんとなく。
ちょっとだけ、へんな気持ちになった…。
という、遊び心も。

いずれも、自然そのものの美が。

樹の根の匂い
小動物のフェロモン
樹液の味
光を浴びていない木や土の香り
血がしたたるかのような果実
木の先端の誘惑の行為。
自然は、想像以上に繊細で、
奥深く、
自然に癒さるのは、
ずっとずっと、
知り得ないものの存在のおかげなのでしょうねぇ。
もっともっと、
敏感に気づけるようになりたいと
心から思いました。
自然から発せられている情報は、
実は、一番の流行なのではないかな。
次回は、海をテーマにしたいとメオ氏。
コラボレーション、今からとても楽しみです。
今回は、 近しい人へのお披露目を兼ねた会だったのですが、
エスキスは、普段使いのお店ではないものの、
感覚を刺激してくれるお料理なので、機会があれば、ぜひと思います。

もっと、こういう体験が、まわりにできるといいなぁ。
私も、見つけたら、そういうこと、
発信します。