ニットって、あったかいね。

 Atelier Novaのゲストだった、ハイパーニットクリエイターの力石咲さん。
チャーミングで、パワーのある彼女のニットは、
たしかに、圧倒的に超越した感じ=  Hyper! !
(つなぎ、つながり..?!)
写真は、一番のお気に入りというニット宇宙服。
胸元のブルーのマーク「NASA」かと思いきや..
「NASU」。うっすら、茄子が縫われていました(笑)。
楽しんでる!!
ちなみに、普通のセーターを編むことは、
それほど興味ないそうです 。(^,^;)
ニットだけに、
やることなすこと、あったかい。
電話ボックスをはじめ、街中のモノを突然、包み始めたりする咲さん。

最近は、大きいものをニットするには、太い毛糸が欲しい!と思ったそうで、
それを作る機械、ニットインベーダーを作ってしまったとか!
ニットは、コミュニケーションツール(メディア)。
インタビュー中も、彼女のユニークな発想と、
それを実現していくバイタリティーに、
完全に、あったかく包まれました。

今度の活動も目が離せない素敵な女子でした。
そうそう、咲さんとお話していて、
ふと思いだした、
昨年、公園で出くわしたステキなニットの風景は、こういうものでした。
ニットを人じゃないものが着ている時点で新鮮な上に、
木を包んだり、蜘蛛の巣をカラフルにニットで編んでいたり。
あたたかいファンタジーの世界に包まれた感じがしました。
よかったら、見てみてください。
ちなみに、逗子ヤーンボンバーズさんたちの作品だったようです。
あぁ、こちらも素敵だった!