この間、番組で取り上げた、アメリカの女性画家ジョージア・オキーフ。
もともと大好きなのですが、
彼女がこよなく愛して住んだ、アメリカ、サンタフェにも近い荒野、
ABIQUIU(アビキュー)という村のGHOST RANCH の家。

この間、あらためて、色々見ていた中、
ここまでしっかりした写真集が出ていたとは知らず、思い切って洋書購入。
『GEORGIA O’KEEFFE AND HER HOUSES- GHOST RANCH AND ABIQUIU』

素敵です。

いるものといらないもの。
生活美。
頑固だけど、大らか。
多くを語らない気品。
花の絵が有名ですが、私は、山の絵が好きです。
どんな色を使っても、確実に彼女の色になるというか、
色が逞しい色に写ります。
ピンクは、あまり得意な色ではないけれど、
オキーフのピンクは、とても芯のあるピンクで好きです。
ちなみに、私の中では、2代巨頭(?)の、
Lucie Rie の個展も、茨城県陶芸美術館で開催中なので、
行かねば…と思っている今日この頃です。