マグリット展(六本木・国立新美術館)

教科書には、必ずと言っていいほど、作品が載っていたマグリット。
強烈な違和感と、
その中に広がる、青い空と白い雲の不思議な安心感。
精神分析されがちな世界観に、
「感情は観る側にあるものです」と言った マグリット。
たった1枚の絵の前に立っても、眼光フル回転なので、
(今回130点!)いっぺんにみると混乱の連続ではありますが、
多くを一気に目にすることで、マグリットが言わんとしていた

観ているものがすべてじゃないということは実感できるような気がしました。

広告デザイナーもやっていたんですね。
あの、モノを正確に描写するチカラをつけた時期だそうです。
戦争の頃は、むしろ、明るい作風のものを生んでいました。
写真での、マグリット世界は、遊びのようでもありました。

初日はとても混んでいましたー。

「マグリット展」は、六本木・国立新美術館で開催中。(~6/29まで)火曜休館です。
ポストカードを2枚購入。

   
THE DOMINION OF LIGHT(昼と夜) 
 *空は昼、街は夜
違和感と美しさが際立った作品でした。

BATHER
逸脱しすぎない境界にあるような絵も、好きでした。