3.11.3.11. 3.11

東日本大震災から、
3年経っても、愛する家族や友人を失った人の苦しみは、想像を絶したままです。
また、被災地で不自由な生活を未だ余儀なくされている皆様へも、
心よりお見舞い申し上げます。
そして、今日は、東北へ、自分の持っている元気や思いをもっともっと伝えねば!
という気持ちをあらたにしました。
あの日を胸に、時をともに。