花びらが散った桜の木を見ていると、現実に戻ったような気がします。咲いていたあのわずかな時は、ほんわり幻想的で、夢のような暫くだった気が、なぜだかしてしまう。写真は、仕事の移動中に通る、信濃町あたりにある、かたちが気に入っている木。

1 Comment

  1. 桜の ”花”は見ても、”木のかたち”を見ようとしたことはありませんでした。

    ほんとうに魅惑的な姿ですね。異なる視点を発見した気持ちです。ありがとうございます。

Comments are closed.