南桂子展 船の旅

 日曜日にNHKの『日曜美術館』を朝見て、そのまま午後に『南桂子展 船の旅』に行ってしまいました。(そういう人も多かったのか、結構混んでいた、)
 版画はもともと好きなのですが、南さんの銅版画の世界は、モチーフの鳥や木々のデザインが繊細で、でも可愛らしすぎず、醸し出される全体の空気感、計算されつくしたような微妙なバランスが好きです。一枚の作品の中に描かれるモノがシンプルで少なく、よく登場する少女の表情が淋しげなところが特徴でしょうか。
 好きな作品はいくつもあるのですが、「公園」と題された緑で統一された作品も、秀逸なデザインだなぁ、と感動しました。ポストカード本の中にあったので、購入。(↓)

 南さんは、戦後、壷井栄さんに師事して童話を書いていたそうで、掲載されていた新聞も会場にありました。昨年、大量に南さん作の童話の原稿が見つかったそうで、今回は、一部が初公開とのことでした。
1953年の冬、船でフランスに渡ったそうです。その中で書き綴られた詩が「船の旅」。想像を絶する、未来の見えない長い船旅だったことと。今回、南さんの作品の奥に感じられる「何か」が、やりたいことに向かっていく時の強靭な意志と、すべてを求めない潔い諦めの下にあることを感じました。50点ほど展示。よかったですよ。
『南桂子展 船の旅』 ミュゼ浜口陽三・ヤマサコレクションにて 7/31まで。

p.s: すぐ近くの、水天宮通り沿いのロイヤルパークホテル、1Fに授乳室あり。とても便利でした。

1 Comment

  1. 南桂子展、行かれたのですね!!
    私も日曜美術館を見て、行きたいと思いつつ未だ行けず。
    山本さんの説明で、背景へのこだわりと奥深さを知り、
    これは実物を見なければ!と。
    そんな所にクリスさんのブログ。何としても行きます。
    (美術館でステキなワークショップをしてたんですね。知らなかった。残念・・・)

Comments are closed.