3月になり。

昨夜は、J-WAVE のイベント(@恵比寿ガーデンホール)に参加してきました。例年、この時期に TOKOIO HOT 100 AWARD という授賞式を開催しているのですが、今年は、昨年の震災をうけ、チャリティライブイベント。
仙台出身のRAKE や レミオロメンの藤巻亮太さん、Bonnie Pinkなどなど、アーティストのみなさん渾身のライブ。そして、会場内では、募金の呼びかけと共に、昨年、私が担当していた番組”CURiOUS”で行った、震災へのチャリティギャラリーでの出品作品も展示販売。これは、リスナーの方々が、手作りのものを出品頂き、原宿のギャラリーで数日、展示販売させて頂いたものなのですが、ほんとーに想像を超えるクオリティと数を頂戴し、出し切れず、今回この会場で再度、やらせて頂きくことになったのでした。今回も、いらした皆様のご協力、お気持ち、ひしと受け取り、しっかり J-WAVE を通して、被災地へ役立てたいと思っています。ありがとうございました!!

レミオロメンの藤巻さんは「どうしても同じ体験はしていないから、代弁はできないけれど、それは震災でなくても、それぞれが、それぞれの人生しか歩めないわけで、共感できるところをめざして歌えたら」というようなことをコメントしていました。「光をあつめて」いい曲でした。

MONKEY MAJIKは、献身的に被災地(地元)でボランティア活動を続けるアーティスト。
「振り返る暇はないぐらいあっと言う間」とこの一年を表現していました。

もうすぐ一年。時は、たしかに前に進んでいるのでしょう。
押されるように、押し出されるように、前へ動くのではなく、
自分たちで、時を引き連れていけるような、
進む力を、まだまだ、みんなで生んでいかないと。

人生は、それぞれ枝分かれ。でも、根っこは同じところにあるのだろう。
根が腐れば、わたしたち、それぞれの枝もいつか枯れてしまうだろうし、
活き活きした幹、根であるように、痛み、喜び、分かち合おうという気持ちの大切さを思う。

2 Comments

  1. 15日から一週間、LAに行って来ます!!
    クリスさんも頑張って!!(^_-)-☆∞

  2. ビスケ

    抽選に外れて行けませんでした~。
    とても豪華なラインナップでしたね。

    藤巻さんの言葉、確かにそうだと思いました。

    東北の方々が経験されたことや、気持ち、
    どこかでわかった気になってしまいがちですが。。。
    J-WAVEでフォト・ジャーナリスト安田菜津さんのお話を聞いた時ハッとして・・・

    陸前高田に残った、たった1本の松について、
    “以前の姿を知らない人には希望の象徴、
    しかし、7万本の松が生えていた時を知る人にとっては、
    波の威力を象徴するだけのものでしかなかった”

    自分の見方・考え方でしか捉えていなかったことに気づかされてショックでした。
    でもわからないわけではなくて気づかされたことで
    少しでも寄り添えたら、とそんなことを思ったりしました。

    しっかり根を張って、支えあって行けるといいですね。

    昨年、チャリティギャラリーでブローチとピンバッチ購入しました。
    ほんとにクオリティ高くてそのままお店出せるくらいでしたね!

Comments are closed.