空気が冷たかった今日、日なたに出ると、あたたかくてほっとした。
激しくもなく、穏やかなことに、生きているんだなぁ、と思う。
刻む日になった 3/11。
何を刻めばよいのか。
昨年、被災地にいた方々には、
振り返ることすらまだできない方々も多いと思います。

思い出すことに力を注ぐべき人。
まだまだ忘れることに力を注ぐ人。

笑顔の素晴らしさ、笑顔の痛さ。

今日は、やっぱり、丁寧に生きる、といることを刻みたいと思います。
人にも、自分にも。

不明のままの方々も多い1年。
昨年のこの日の多くの命に
心より、ご冥福をお祈りします。

2 Comments

  1. 皐月

    私は、被災することも、大切な人を失うこともなく、自身はこれからも思い出すことに力を注ぐべき側の人間だと思っています。
    人々の記憶から忘れ去られることのないように、風化していってしまうことのないように、自分なりのできるだけの支援は続けていきます。
    「丁寧に生きる」。いい言葉ですね。

  2. 昨日は仲間が主催した、東日本大震災チャリティーフットサルに参加しました。
    被災地のために何もしてこなかったので、少しでも役に立てばと思い。

    子どもも女の子も、初対面の人もみんな一緒にボールを追いかけ楽しいひとときを過ごしました。
    そんな僕は、すごく幸せなんだなと改めて感じました。

    大切な方を亡くした方々、家を無くされた方々、家に戻れない方々。
    僕には到底わかってあげられない辛さを抱えているそれぞれの方々の心が、平安で満たされる日が一日も早く訪れるように祈っています。

Comments are closed.