草間彌生 ’60s展

ここのところ、前を通るたびに目に入って気になっていた

ワタリウムギャラリーで開催中の「草間彌生展」へ。

草間さんと言えば、赤や黄色の強烈な水玉アートで、

びっくりアート、な印象だったのですが、

この60年代展は、草間さんがどういう人間なのか、

どういう考えでこういうアートに至っているのか、ということなどが垣間見え、

これまでのイメージも変わり、寄ってよかったと思った。

あの水玉一つ一つが、宇宙の中に存在する我々の命の象徴であることも

作品の観方を変えられたし、1950年代に、アメリカに行くために、

時代的にも、どれほどの苦難があったか、想像させられた。

面識も何もないジョージア・オキーフに手紙を書いて、

期待もしていなかった返事が来て、渡米に至ったこととか、

食うに困らないよう、売るために着物を何十着も持参したとか・・

どこか、近寄り難く感じられていた殻のようなものが、剥がされたような展示。

ワタリウムのスペース、限られた中ですが、ご本人の言葉の印字や、当時のビデオもあって、

かえって、小振りでディープな感じ、面白かったですよ。