硝子器

 好きなガラス作家さんより、スペシャル展開催のお知らせを頂き、銀座三越(8F)に出かけた。

松岡洋二さん・装子(なりこ)さんというご夫婦で、洋二さんは、少し琥珀がかったようなあたたかみのあるガラス器を制作され、

奥様の装子さんが、寓話や神話の中から出てきたような、不思議なアニマルや植物を絵付けされています。

涼しげな藍色が多めにあり、私は、大きめの器を今回購入。少しずつ増えるのは楽しい。

ちなみに、今回の「硝子二人展」は、16日(火)まで。

銀座三越自体、昨年リニューアルオープンしてから、まだ行っていなかったので、結構なリニューアルぶりに、いまさらながらびっくり。

広々とモノを見られる空間で(全館はとても回っていませんが)例えば、紙やカードのセレクトも充実していて気分上がった!

今度、ここで何かつくろうかな。いいきっかけだった。