盆に想う

 納涼盆踊り大会。夏らしい人の賑わい。

数人で楽しそうな中高生を見ては、そういえば昔、学校以外の場所で私服で、しかも夜会うってワクワクしたよなぁとか思い出した。

ちっちゃな法被を着て、初めてのお祭りという子供や、ここぞとばかりに威勢の良さそうなおじさま方。出店も多く、かき氷いちご@町の夏祭り。

今年は、東日本大震災もあり、初盆の方のニュースも胸に痛い。

自分の子供の初盆をしないといけない若い親や、多くの親族をいっぺんに亡くされた方など。

私は、宮崎の祖父を今年2月末に亡くしました。

初盆には帰れなかったけれど、何度も流れる盆踊りの「炭坑節」を聞きながら、グランパのことをたくさん思いました。

初めて、提灯の灯りが、ほんのりと命の灯りのように見え、

それはそれは、とてもきれいな晩でした。