なでしこ・祇園祭の興奮

 今朝は『なでしこジャパン』起き!いやぁー、久しぶりにテレビの前で正座して涙しました。ドラマティックな試合展開、世界一なんてすごい。あの粘り、すごい。感動をありがとう&おめでとう!の朝。すっかり二度寝する気分でもなくなり、朝から張り切って動き回る日。

 興奮つづく、ここ数日で、週末は祇園祭の京都に居合わせ、人生初の祇園祭りの宵々山、宵山、巡行と、結局色々観られ、その雅な迫力に感動しました。行かれたことありますか?私は、行きたいなぁと思いつつ、なかなかでした。 宵山(宵=eve ね)の日は、町で観覧できる山鉾を幾つか間近で観て、初めてそれぞれの山鉾の歴史や謂れを知り、俄然、祇園祭を面白く感じました。快晴の下、猛暑日でしたが、今年はちょうど週末にあたったため、なんと45万人の人出だったそうです….(四条通りも鴨川も、観た事ない光景でした)。もともとは、863年に、疫病が流行ったために、無病息災を祈願して始まったといわれる祇園祭。私も、しっかり祈ってきました。毎年毎年、この時のために、大事に、町の人々が手入れし、手間をかけ、祈り、祀る。人として、とても美しい大事な気持ちを、そこここに教えて頂きました。一番大きな長刀鉾は、ビルの6、7階分もあるので!カメラになんて、とても収まるモノではないのですが…雰囲気を!