今日の驟雨のような、まとめ書き

 今日の雨、しとしと降る日本の雨の時期とは気配から違い、スコールのような激しい雨。昨年の梅雨時期もそう思っていたよなぁ、と思いながら、本気で降られる前に、家に逃げ込んだ。数時間前までの暑さから一転、涼やかな風にびっくり。ここ数日の暑さには、少しマイる。この先、容赦ない夏が来るのかと思うと、ぞっ…。もともと、夏より冬が好き、春や秋はさらに良いと思っている。雨は好きだから、梅雨時期は湿気には目をつむるとして、夏の湿気が苦手なのか。でも、楽しいことが多い季節だから、わくわく乗りきれているのか。(なんだか、今日の雨から、ダラダラとつづいてしまった..)

 先週は、ライブや舞台を何本か。水曜は、井上陽水さんのライブ@Bunkamura。40周年記念のライブ、東京公演は3月末の振替で。ヒット曲もたっぷり聴けたし、デビュー当時の曲作りの話をはじめ、秀逸な惹き付けトーク。なんと言っても、いい声で歌を聴ける、って本当に気持ちがいいことだ、とうっとりでした。他に似た人もいない、素敵な声。

 金曜日は、赤坂BLITZで、前日に番組ゲストに来てくれた マイア・ヒラサワさんライブ。まだ聴いたこともない曲が私にはたくさんあり、彼女の魅力の幅広さ、堪能。スウェーデンと日本のハーフ、そして、その両国でアーティストとして活動とは、本当に素晴らしい。人柄が出るあったかいライブで、あらためて、音楽(特にライブ)は、人そのものなのだと実感。観に行ってよかった。スウェーデンから来たという彼女のバンド、全員男子ですが、これまた、映画から出てきたかのような、魅力的な雰囲気!黒いスーツにピンクの花をつけて、気取らずチャーミング男子。ギター、ドラム、キーボード、そして、ホーンセクションや鉄琴などの音色も加わって。” Drom bort mig igen”という歌、耳に残り、帰ってからもYou Tubeで聴いているのだけれど、いったいどういう意味だろう。音楽と自然を愛する、健やかな女性。

土曜日は、武道家・日野晃氏の吉祥寺シアターでの公演舞台『Real Contact 2011』を観に。コンテンポラリーダンス×武道×和太鼓、でも、そのどれでもないような?刺激的な時間を過ごす。自分の中にあるようで、ないものの触れるのは、やはり いい。普段、ありきたりな部分しか、体って使っていないのだと、なんとなくちょっと反省。ストレッチなどを試みるが、たいして新しい動きを生み出せない自分(笑)。

小刻み書かなきゃ、と思いつつ、今日は一気に書いてしまった。ここまで、読んでもらえただろうか..?!

写真は、ブラウニー&タフィ@週末の昼下がり。だいたいこうして、並んで、タフィ(右)がブラウニー(左)に頭をのせて寝る。いつも家では、私について回る二匹、最近は、あれいない?と思うと、玄関の石のところで寝そべっている。やっぱり夏が来るのだなぁーと!