包むー日本の伝統パッケージ展

 先日から、目黒美術館で始まった「包むー日本の伝統パッケージ展」を観に行った。紙、竹、木、笹、藁など・・自然の素材を、美しい形に整え包む。笹団子や、わっぱ飯のお弁当、酒樽、納豆包み。菓子づつみも遊びのデザインが多くておもしろいし、藁などを使った包みは、日本人の気持ち良い生活風景が見えるようで、丁寧に生きたいなぁとじんわり思った。あらためて、まとめて眺めると、当たり前に見ていた日本の包みの奥深さが見えて楽しめた。戦前よりアートディレクターとして活躍していた岡秀行さんのコレクションだそうです。すごいな。「何世代にもわたって無名の人々が磨き上げた美意識がある」という言葉。4/3(日)まで。