みなさん、ご無事でしょうか。

被災地へ、心よりお見舞い申し上げます。

当初「津波が街をまるごとさらっています」という言葉をラジオから耳にした時、整理しようと自分の口で繰り返しながらも、凄まじい状況は想像しがたいものでした。

仕事中だった昨日午後、スタッフと一緒だったことは心強かったですが、
本当に、突然のことを理解するのに、やはり時間がかかるものですね。

揺れるアスファルトの路地裏から飛び出してきた猫が、
右に左に大慌てでパニックしてる様子が目に焼きついています。

色々ありましたが、たいしたことには至らず。

徒歩帰宅のみなさん、
やむを得ず、どちらかに泊まり今日帰路についたみなさん、
お疲れさまです。

まだまだ、被害の状況の輪郭がおぼろげでありながらも、
多くの方々は寒い中、助けを待っている状況。

行方不明者のみなさんが、なんとか耐え抜き、救助されることを願います。
(情報が届かないということは、精神的にも不安でしょうね)

目を疑う事態だけに、
情報が届いている場合は、現状をちゃんと把握するのと同時に、
地震の備えも今一度、見直さねば。

今は、家の中を見渡すと、ほとんどのものが危ないものに見えてきますが、
そういう目の時に、対策をしないといけないかもしれませんね。

ひきつづき、みなさんも無事を第一に。
つながりを大事に。