GW:仲間のおいしさ

 GW2010は、4月があまりに寒い日が続いたりと落ち着かなかったせいか?ずっとお天気もよかったですね。私は、4月の慌ただしさから少し解放された連休あり、のんびりできました。こういう時にこそ、と、集まりも多く、こちらは、10年以上前からのスタッフチーム。小山薫堂さんと一緒に番組をやっていたチームで、今でも、特番などでは集結組なのですが、久々に集まって、馴染みのフレンチ、ランス・ヤナギダテで夜ゴハン。しかも、ただの夜ゴハンではなく!なんと、昔の放送の同録をスタッフが持参。「あれ聴こう、あの企画わらったねーこれは?」と、自分たちの放送を聞きながら、当時、山梨のワイナリーまでみんなで取材に行ったこともある限定本数の貴重なワイン『シャトー・クンドウ』をついに、またオープン! 相変わらず、自分には身に余る美味しさ。当時、土曜夜の1時間番組ながら、ものすごいエネルギーと時間をかけていた私たち。やっぱり、愛情と力を注いでやってきたことの味は、ワイン以上に、何度開けても、格別の味がします。だから、思い出に笑い、時には辛さを分かち合い、で、我々の特性でもある「ついつい自画自賛モードに入ってしまう」ことも、久々に楽しみながら(^-^;)。誕生日も祝ってもらった、ファミリーな仲間との夜。あらためて、出逢いに感謝の夜でした。