Red Desert Garden

 東京の雨が雪に変わりそうな頃、まるで地球の裏側、灼熱南半球オーストラリア、エアーズロック(ウルル)に到着しました。連日、温度計は平気な顔して40度をさしますが、湿度が20%ぐらいなので汗はほとんどかかず、思った以上に過ごしやすいです。暑くはないけど熱い、という感じ。 
赤い砂漠。サボテンのような植物ばかりかと思いきや、実際には、先週も雨が降ったそうで、植物が豊かなのに驚いた。そこここに、トカゲの巣の穴、さそりの巣の穴、いろんな大きさの穴。毒を持った蟻、毒を持った蠍、毒を持った蛇・・毒も生きていく上では大事だろうなぁ。
動物や植物の話は、ネイチャーガイドの人がいろいろと教えてくれて、おもしろい。しかし、日中は熱いからか、動物とかまるで見かけません。犬も猫も、人も歩いていないことを初日の散歩で悟る。(わたし散歩…)

風景を見ていて、急に”エリマキトカゲ”の存在を思い出す。彼らなら、ひょこひょこ歩いていそうなのだけど、
未だ現れず。会いたいなぁ。ちなみに、今は、トカゲは産卵の時期で、baby lizard も出歩き始めた頃だそうなので、この風景に、ちょっと期待。