ランドリーで待つ女

 この間から調子がイマイチの洗濯機。だましだまし使っていたけど、私の手に負えず、いよいよ修理だな。というわけで、先日、家から数分のコインランドリーに行き、一気に洗濯。人も少なく居心地もよいので、この際大きいものまで洗っちゃおう、と、一回家に戻ってまた行き、数台一人で回して快感。あの、複数の洗濯機がつくる騒音のような、でも落ち着く音に包まれると、集中できて心地いい。ニット帽にダウンコート着たまま、読書に原稿書き。あまりに集中しすぎて、肝心の「すすぎ」のタイミングで、柔軟剤を入れ忘れたよ!(なんのために、そばにいるんだ…) しかし、いい場所みっけ。また行こう、と思ったランドリーなのだった。洗濯機よ、ありがとう。