涼衣

 今日は、朝のJ-WAVE 生放送後、10月に公開される『引き出しの中のラブレター』の製作報告・記者発表の司会で、明治記念館へ。こうして浴衣を着せて頂き、仕事とはいえ、しばし和みました。帯が なんとも好みで、 この組み合わせを選ばせて頂きましたが、水色の地の浴衣は、これまでに着たことがなかったけれど、涼しげでいいものですね。
 肝心の映画は、人とつながること、人を大切にすること、って時に難しいけれど、やはり人の温かさを感じられることほど、生きている幸せってないのだなぁ、と思う、ほっこりする作品です。一粒二粒 and more! 涙をこぼすかもしれません。 大事な人になかなか言えないけれど 伝えたいこと… 言葉を通して、ラジオを通して、様々な人のつながりが見えてきます。常盤さん演じる主人公が、ラジオ局のパーソナリティ役で、そのラジオ局というのが、なんと、J-WAVE!! (昨年、週末などに、撮影をしていたのですよっ、) あまりに、そのままの J-WAVEで 普段いるところだけに、おもしろかったですが…つまり 普段 J-WAVEを聴いて下さっている方には、そういう点も楽しめると思います。公開は まだ先ですけれど、お伝えしておきますね。今日、常盤さんもおっしゃっていましたが、「見る人が、主役になれる珍しい映画」です。

http://hiki-koi.com/

(↑、アドレス、おもしろいですね… 引く恋..ではなく、引き出しの中の… で hiki-koi…)

『七夕』も近いということで、今日は出演者全員、浴衣だったのですが.. 話は少し脱線して… ふと「七夕」って、当たり前に 「たなばた」と読んでるいるけど、なんで…? 「七」を「たな」、「夕」を「ばた」 なんて…他に言ったことないや ….と ちょっとした疑問浮上。織姫彦星 神話ゆえ..?

ところで、私は、七夕は、日本におらず!なんだった。相変わらず、直前は、まるで実感なく準備もままならずの日々ですが、来週はお仕事オフ頂戴し、旅してきます。今週は、週末ギリギリまで、おおはたくんとのイベント連日 あります! 金曜日の青山ブックセンターでの(ハワイの写真を交えての)トークショーは 19:00〜で、お席は予約で終了のようですが(感謝。) 青山近くに行くし、立ってもいいよ〜、という方、よろしければ、いらしてくださいね。お待ちしています。

今年、また浴衣着よっと。