結構あるモノ


 キャンドルとクッションが結構ある家なのです。クッションは、今 ざっと数えて18個、これに犬のクッションを合わせたら、余裕の20超え。世の中の基準はわからないけれど、なんとなく 多いような気もする。でも、結構使ってもいる。。 キャンドルは、それ以上で、種類もいろいろ。。あと、なんだろう。同じもので、結構あるものって。。お、リボンもある!(と、ちょっと見に行くと..) いろいろ取り揃えていまして、左のお気に入りのブルーのは、50m・・他のも20m, 30m..多分、これで、家ごとグルグル巻きにできるほどですね。足し算してみれば、400Mほどありました(笑)。こりゃ、何か作った方がいいね。 
 で、なにゆえ こんなことを書き始めたかというと、キャンドル、普段どんなものを使っているのか聞かれることが時々あるので、今日は書いてみようかな、と思っていろいろ家を物色していた、というわけです。
 キャンドルは、Candle June のは好きで、時折お店に行くと、色合い・風合い、決めきれず、まとめ買いする感じになりますが、なんというか・・炎の揺らぎが情熱的で、時が進むほどに、キャンドルの周りが陶器のように透けてくるので、飲む時にあるとさらによい酔いになる炎、語らいの中心にもよし、やる気も出る炎、体から何か生まれそうな炎・・と わたしが思うには、熱い時間に合うような感じ。眺める炎でもあるので、お風呂もよし。そして、今日、補充購入したのは、お手頃で 灯りの具合も ほんのりいい感じで、情熱というよりは、いつもそこに居てくれて安心するような、穏やかな炎。部屋で映画を観る時など、邪魔をしない。四角で、最後まで 形も崩れにくく(垂れにくい)、無香のものを、写真に撮ってみました。こちらも有名ですが、フランスの POINT A LA LIGNE 社製。丸もいいけど、四角キャンドルも、よいですよ。(ちなみに、私は、正方形、立方体大好きなので、正方形 のものも、好んで いろいろあります。あ… クッションもだから多いのかも、という本日のどうでもいい小さな気づき…)