おだやかな午後、 高ぶる夜


 金曜昼、『リンカラン』での連載 の取材で国立に行ってきました。手作りを学ぶ 連載ページなのですが、12月に出る次の号では、
『セーターを フェルトにして 小物を作る』ということを体験。いろんな方法があるもんだなぁ〜と 初めてのことで ものすごく面白く、ハマってしまった。
とても天気のよい日で、作業&撮影をしていたカフェスペースにはこんな穏やかな木漏れ日。木にとまって鳴く鳥の姿も、すぐそこに見えるような環境。ゆったりして、大好きなものをつくることに集中。これが日常だったらしあわせ〜と思うねぇ。

そんな風に あっという間に日が暮れて、夜は、恵比寿LIQUID ROOM 、
フライングキッズの10年ぶりの東京ライブへ!

ものすごく盛り上がった空気、キラキラした熱気だった。個人的には、シゴトを始めた頃に 番組で一緒になることが度々あった ハマちゃんこと浜崎貴司さん。当時は、夜の生放送だったから、なかなかライブに足を運べなかったんだったなぁ、とか、曲を聞いて、当時のことが まさに”走馬灯のように”蘇ってきて、いろんな意味で 感慨深かった。ゲストも豪華で、高野寛さん、ミッチー☆及川光博さん、YO-KING、MCUさんなど。
これが、音楽がつくる 人と人の見えないつながりだったり、時代だったりするのだろうと思った。

人生、タイミング、とは言うけれど、
『その時』というのは、願えば来るのかもしれない。
はたまた、
願っていたことすら忘れかけた頃に、ふと訪れるものなのかもしれない。