真夏のスタジオ


 NHK『やさい通信』の収録現場は こんな風に全面 窓の部屋で、借景の緑も美しく、憧れる開放感〜! なのですが… 窓際1mには近づけないほどに、この日はとにかく暑かった…。そんな中、今回のテーマは、夏らしい「えだまめ」。今度、初めて、英英辞典にも”edamame”という言葉が掲載されることになるほど、アメリカでも人気になってきたという枝豆。たしかに、私の小さい頃は、アメリカにはいろんな豆は、サラダなどにあったけれど、edamame は、思いっきり日本の食、なイメージ。 ネットで調べてみると、edamame : 定義として、一通り書かれたあと、delicious when boiled. (茹でた時に美味)とあったけれど、それ意外は、あまりデリシャス、ではないような… 実際、この収録時、枝豆大好きな 糸井重里さん、茹でてあるものだとばっかり思って、2度も、お手つきをして「うっ…」とやっていた(笑)。おいしい枝豆の茹で方なども番組中あるので、いつも、思ったようにならない、と気になっている方は、そこらへんもお楽しみ。 
 そして、この日のゲストは、なんと 小山薫堂さん! いつも番組を一緒にすることが多いものだから、なーんか、ゲスト という立ち位置が、落ち着かなかったけど(^-^) なにゆえ 枝豆マイスター(笑)、薫堂さんトークもお楽しみに。それにしても、糸井さんと薫堂さん、時に優しく、時に巧みに、時代と人の心の両方を捉える言葉で、メディアを動かす達人のお二人が並ぶのも贅沢ッ!(放送は、来月最終日曜 朝の予定。)