沖縄の跡

 沖縄から戻りました。夜だからか、東京が 涼しく思える。本当に、沖縄は暑くて暑くて..きれいだけれど 暑くて(^^;)…暑いからきれいなのか..? しかし、今年も無事、沖縄からの放送が終了して 安堵。滞在中は怒濤の日々になるので、ブログアップもままならず.. なのですが、写真は何百枚と撮っているので、TOPにでも アレンジしようかなと思っています。 いつも シゴトが終わると、その週末は自分だけの時間をつくらせてもらっています。沖縄の土地と人の莫大なエネルギーを集中的に浴びて自分の中を通すので、過剰な血のめぐりの速さも、元に戻す時間が なんとなく必要。 楽しく忙しく、嬉しく激しく。とても充実した時間に、今年も感謝。 それらを、思い返しながら、クールダウン。ラジオは音や声だけじゃん、と思われることもあるかもしれないけれど、全身で表現して やっと届くものと、まだまだ届かないものがあって、でも、その”届かない”は、音や声で届かなければ、所詮、多くの情報を足しても、違うのだろう、と思っています。結局は、言葉のまわりにある空気や、見えないものを共有して感じ合う、そういうものだと思ってもいます。あーー たくさんを 書きたいけれど、自分に自分がおいつかない(笑)。 
 今年は、本島で生放送を終えたあと、石垣島に飛びました。ゆっくりしに・・と言いたいところですが、なんと!作詞の〆切に原稿の〆切・・気持ち的には、かなりのピンチ状態で、石垣入り。開放的に、ホテルに監禁状態?!という感じで行きましたが、実際そうでした(+.+)。でも、考えごとをするのに、うっそうとした緑の山をドライブで駆け抜けたり、そろそろ日が暮れるかなと、近くの海にちょっと出てサンセット眺めて、と、かなり集中しながらも弛緩でき、これまた好きな時間だった。 石垣島で、部屋の庭につながる バスタブに浸かりながら見上げた満天の星空は、夢のようで、目に焼きついています。達成感に脱力しながら、自分と向き合う時間、そして、さらなる吸収へ。私は、きっと、どんどん歳をとっている。でも、それが、とても楽しい。