PINK PINK PINK


 森山直太朗さん春からの「諸君!?」ツアー、4月の神奈川県民に行けず、ようやく東京国際フォーラムへ行ってきました。相変わらず、秀逸の小芝居あり、歌でジーンときちゃって、さらには舞台からのジャパネット顔負けのセールストークにやられ(笑)、久々にツアーTシャツを買ったのだ。「家に帰って後悔しがちなもの、」というハナシをしていたけど、なんだか、色も可愛くて、買ったよ。
 この日は銀座での取材を終え、ライブまでの1時間半ほど間に、ギャラリーでアート展を一つ見て、ついでに、2枚ワンピース購入。どうしたことか、珍しく、2枚ともピンク!そして、これもピンク! なんだか、ピンクづいていた日なのだ..。「恋してる風だね〜」 と友人と笑ってたんだけど、思えば、好きな人と会う時に、わたしって ピンクを選ばないなぁ。 男の人のピンクのネクタイやTシャツ、シャツ、諸々好きだし、街を歩くカップルを見て、女の子がピンクだと、女の子らしいな、と思うのに。 前に携帯電話をパールピンクに してみたことがあったけれど、若干の違和感を拭えないまま手放したような(^^;)…。話は飛びましたが、ピンクは好きよ。そして、直太朗くんのライブは、まだまだ続くので、細かいことは書かないけれど、さらっとMCで言ってた「所詮、肉眼で見えるものは、たいしたものじゃない」という言葉、印象に残ったな。その他、目に見えないものこそ、大事。今度、番組に来て弾いてくれる、と言っていたので、ゲストに来てね。